LINK
自動車保険には自賠責保険あるいは任意保険といった2個の分類があります。任意保険、自賠責保険の双方ともにいざという時の事故など遭遇したときの補償を想定したものですが実際の内容は細部において異なっています。ふたつの保険を見比べると補償の対象となる範囲が区別されているのです。※相手に対しては、任意保険・自賠責保険の両方で補償されるよう取り決められています。※自分については「任意保険」で補償されます。※自己の所有する財産については、「任意保険」によってのみ補償します。自賠責保険それのみでは、自分自身の負傷あるいはマイカーに対する補償などのサポートは受ける権利がありません。次に相手への賠償などですが自賠責保険においては亡くなったケースでは上限額三千万円、障害を負わせてしまった場合最大で4,000万と定められているのです。しかし賠償額が直前に述べた数字を凌ぐことは結構な頻度で起こり得ます。また事故の相手方のクルマあるいは家屋を毀損してしまった時に関しては、加害した者の自己補償となると定められています。そのようなわけで任意保険というものが大切だといえます。害を被った者に対する支援に重きを置く任意保険という制度ですが、それとは一線を画す役割があるのです。※事故の相手方へは死亡時あるいは負傷のほか、乗用車ないしは家などといったものの私有財産を補償してくれます。※自分自身へは一緒に乗っていた人も加えて、死亡時やケガを補償します。※自分の所有する財産へは、マイカーを賠償するのです。このように数々の面においてしっかりしているのが任意保険が持つストロングポイントです。掛け金の振り込みは欠くべからざるものとなってしまうのはしょうがないですが、事故が起きた時の相手のためにも自分自身のためにも、車に乗るのであれば任意保険に申し込んでおいた方がよいでしょう。